はじめの一歩のひとつ前 > お得な情報 > 記事リライトの落とし穴

お得な情報

記事リライトの落とし穴

今回の記事は、はじめの一歩の前というよりも、わかったつもりで中途半端に一歩を踏み出すと危ないぞ、という話。




最近googleによるアドセンスサイトのチェックが厳しくなっています。

ペラサイトは即刻アカウント非承認(停止)、あるいは警告。

オリジナリティの乏しいコンテンツも同様です。


オリジナリティの乏しいコンテンツとは、記事提供サービスなどの記事をコピペあるいはほとんどリライトせずに使用している場合のことです。


そこで

イオさんが

無料ツールを使って簡単に記事をリライトする方法」という大変役立つ記事をブログに掲載されています。




無料ツールで

→ シャッフルさせる

→ 言葉を置き換える

→ 語尾を変換する

と簡単にリライトができるという内容の有用な記事です。


し・か・し、


あえてひとこと書くことにしました。





アドセンスに対するGoogleの基本的な考え方は

Google AdSense プログラム ポリシー - AdSense ヘルプ

に記されているのですが、

googleがサイトや記事の○×をどのように判定しているかは公開されていません。

ですから、私たちはリライトに際して最新の注意を持って望むべきだと思います。



私のプチ・フリレポ塾にご参加の方は、すでにご存知ですが、googleはサイト単位、記事単位、段落単位、用語単位サイトやブログの類似度でを○×を判定していると私は想像しています。よく言われることですが、記事提供サービスのある一文をGoogleの検索窓にコピペしてみてください。驚くほどたくさんのサイトが同一文でヒットするはずです。つまりそれほどコピペされているということ。

Googleからみれば、スパムサイトですね。

そこで記事提供サービスを活用しながら、労力を最小限におさえつつアドセンスやアフィリエイトをやっていこうと思うなら、この記事の冒頭でご紹介したようにリライトについての様々なテクニックを探し、駆使していく必要があるのです。


でも、ちょっと待ってください。

一見、リライトに成功しているように見える、ちょっと見にはまったく異なる記事をこちらの無料サービスで比較してみてください。


trigram




類似度が驚くほど高いことに青くなることでしょう。




こちらのサービスは単語の登場頻度を解析しているのではないかと思いますが、もしgoogleがこれと同じ判定方法を採用しているのだとしたら・・・




以上、リライトはくれぐれも慎重に行いましょう。というアドバイスでした。



追伸:

関連無料レポートのご紹介です。

現実的、具体的なリライトテクニックが解説されていますので、入手をおすすめします。


記事サービスとアドセンス〜リライトマスターへの道


「記事サービスの使用は危ない!」と言われながらも稼いでいるアフィリエイターは、ほぼ使ってます。なぜか?それは、「安全で健全で稼げる使い方をしっているからなんです。」杉作流リライト術を紹介。スペシャル特典!ホームページ作成業者が喉から手が出るほど欲しがる極秘ツールをプレゼント。









<<カウントダウンタイマー | はじめの一歩のひとつ前トップへ | セールスページ研究のすすめ>>

この記事へのコメント

  • Cheap Jordan Shoes
  • 2011年01月03日 11:50
  • &#26102;はあなたの敵と見なして、永&#36828;のが筋だ。

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック


このサイトが役立ったなら、画像をクリックしてください。


フリレポへのメッセージ  質問や相談も歓迎します
Powered by NINJA TOOLS

Powered by さくらのブログ